菅原工芸硝子の技

菅原工芸硝子は、2020年、創業88周年を迎えました。

継承してきた技術を守り、まだ見ぬガラスの可能性、美しさを追い求めてきました。

一つ一つの製品がハンドメイドという驚異。

千葉県に工房を構える菅原工芸硝子の職人たちは、高温の炉の炎を知り尽くし、ガラスの独特の輝きと流れるフォルムなど、ガラスが持つ特性を最大限に引き出します。

Atelier DOMAでは、菅原工芸硝子の選り抜きのガラス製品を常設しています。

https://www.sugahara.com/