日本の逸品料理

はじめに

2013年、日本の『和食』が、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。それを支える柱のひとつは、日本ならではの技術とフィロゾフィを継承しながら、現代へ、そして未来へと伝えようとする料理人という職人の力だと思います。自然を尊びながら、習わしに添った心をもって料理と対峙する、日本津々浦々の料理人たち。彼らの逸品料理を毎月一品ずつ紹介しながら、伝統を受け継いできた料理人の思いを紹介します。
インタヴューを担当するのは、、日本の料理人たちをつなぐ、ハルキヤ・セイコさん。食と職人への愛を込め、イラストとともに、日本の食の魅力をお届けします。

インタビュー・イラスト:ハルキヤ・セイコ
編集: DOMA

ハルキヤ・セイコ プロフィール
東京在住。長年、公私にわたり、料理人やシェフ、料理研究家と交流を持つ。フランスにも、頻繁に行き来し、フランス人とも親交を深める。日仏双方の食文化を愛し、食の職人たちに敬意を表する。