ABOUT DOMA

『DOMA』は、パリに拠点を持つ日仏バイリンガルの、
食を中心としたプロジェクトチーム。
新しい時代の『食メディア』を目指します。

DOMAの名は、
『土間』からインスピレーションを得ました

土間失われつつも、近年見直されはじめた、日本の伝統的な屋内空間の一部です。日本家屋では、地面より高い場所に板、畳などを敷き、居間や寝室を作りましたが、土間は地面のまま残され、炊事場を含む作業場として発達しました。屋内では靴を脱ぎますが、土間では靴を脱ぎません。
『土間』は、戸外と屋内を結ぶ自由な媒介の場所であり、同時に、竃を中心とした豊かな生活を支える要の場所でもあります。
我々『DOMA』は『食』を大黒柱とし、人の手から生まれる食という世界の、無限大の豊かさを創造していきたいと願っています。

食というテーマについて

は人と世界の未来を作ります。
食は、すべての人々にとっての命の源、五感を持って身体を養う唯一無二の人間の活動であり、文化や文明、歴史の担い手です。インターネット世代となり、リアリティある活動が減りつつある今、食を通して考え、食べ、分かち合うことは、人としての実践的でクリエイティブな活動を生み出し、美しいペイザージュを育み守る、人間の未来を創造してくれるものと、願って止みません。
『DOMA』は、食に情熱を持つ、あるいは創る、考える、さまざまなジャンルの人々を繋ぎ、人としての感動や知恵といった気づきをもたらしてくれる、多くの場や機会を創造します。

食文化がユネスコの世界無形遺産として登録されたフランスと日本の2国は、世界の食文化を先導していく代表国です。日仏相互を中心にした、あるいは世界の食をめぐる交換を中心に、食の未来を生み出し、それが世界へと向かう、繋がる発信と創造を目指します。

『DOMA』活動内容

記事発信
人、食空間と設え、環境、テロワール、職人芸、アート、観光など、食のランドスケープとその未来を日仏双方から紹介します。「人と人の繋がりのある、生きた内容であること」や「未来を創造するアート活動であること」が『DOMA』の信条です。
イベントから商品開発まで
『DOMA』は、上記の理念によるウェブ・マガジンを中心に、イベントや商品開発なども手がけます。

また、日本語でプロ向けのニュースレターを発信しています。お問い合わせはinfo@domapress.comまで